キャッシュレス決済5%還元

ホーム > 美味のネタ帳・知っとくシリーズ一覧 > 美味のネタ帳・知っとくシリーズ

美味のネタ帳・知っとくシリーズ

産直王国じゃなく王県・新潟をもっと知っておこう!!

知っ得ミニ講座
産直王国じゃなく王県・新潟をもっと知っておこう!!

「産直」や「グルメ」などという表現が登場して20年あまり…、すっかり定着した感があり、グルメ人口も増加しました。
最近では「B級グルメ」なる言葉も出現、食べることになると一家言をもつ方も多く、俄然話も盛り上がります。
「産直」は言うまでもなく「産地直送」の略ですが、よく考えると少し疑問が…。もし産地が直送されてきたらさあ大変、正確には「産地から直送」でしょうか…。
さてそこで今回は、<フレッシュ産地直送便>のホームグラウンド・「新潟」についていろいろデータを集めてみました。新潟のことはあまり詳しくないという方はもちろん、新潟通の方も必ずや為になる、そして「コメ」・「酒」・「魚」…新潟の食材の実力や人気のルーツも徐々にみえてきます。

先ずは、新潟県の自己紹介から
新潟県は、本州の日本海側・ほぼ中央部に位置しています(隣接県は山形・福島・群馬・長野・富山)、面積は12,584㎢(全国5位)、北側の山形県境から南側の富山県境まで、新潟県の海岸線は約300km(佐渡と粟島を除く)ありますが、これはほぼ新潟→東京の距離に匹敵します。
総人口は239万人(全国14位、2008年)、新潟市は平成19年4月、政令指定都市(人口約81万人)になりました。
市町村の数は30(2000年には112市町村、平成の大合併などによるもので、20市6町4村になりました)。
県の木→ユキツバキ、県の花→チューリップ、県の鳥→トキです。

新潟市、雪は降れども積もらない?!
雪国、豪雪地帯の代表格でもある新潟県、冬に天気予報を見ていると新潟は連日のように雪マーク、さぞ積もったはずと思いきや…。
県庁所在地・新潟市はさほど降らず滅多に積もりません。ずっとそうかという点では、昔はもっと積もったようです。温暖化などの影響が大きく作用していますが、新潟市では近年、雪が降らずにお正月を迎えるという年も決して珍しくはなくなりました。ただし今年(2009-2010)は例外、市内の積雪が一時50cmを超えるなど、26年ぶりの大雪、気温も低めで厳しい冬となりました。

高校野球、甲子園では最弱県?!
残念ながらこれは本当です。しかし昨年の夏、日本文理高は新潟県勢として初めて決勝まで勝ち進みました。決勝では中京大中京(愛知)と対戦、6点のリードを許しましたが9回2死からコシヒカリのような粘りと集中力で1点差まで追い上げる健闘、県民に勇気と感動を与えてくれました。
これで夏の大会の新潟県代表の都道府県別の通算戦績は最下位の汚名を返上、20勝49敗で、最下位を脱出し45位に浮上しました。

どうして上越を走ってないのに上越新幹線?
新潟県は地理的要素により、上越、中越、下越・佐渡の4つの地方に分けられ、天気予報などにもこの括りが使用されます。このうち上越地方の主要都市が上越、かつての直江津と高田が合併しました。越前・越中・越後と同じく、関西からみて近い方から上越・中越・下越です。これとは別に上越新幹線は、在来の上越線の名称が群馬(上野)と新潟(越後)を結んでいることに由来しますが、それに準じたことになります。

新潟と言えば先ず「お米」ですね
米の生産量と産出額はともに全国1位、「魚沼コシヒカリ」や「岩船コシヒカリ」のような地域銘柄は全国でも言うまでもなくトップクラスの評価です。
他には米菓の出荷額と切餅・包装餅の出荷額が全国1位。
栽培きのこ類の産出額や水産練製品の産出額などが全国2位、清酒は出荷量では兵庫・京都に次いで全国3位ですが、消費量は1位です。(お酒は造る以上に呑んじゃう?)

全国的な知名度は?
新潟産コシヒカリ、それ以外の知名度はまだまだという気がします。例えばル レクチェは知らないが、ラ フランス(山形)なら知っているとか、モノは良いのにもったいない、何とかしなければ!
新潟県では、首都圏における新潟県産品の価値や競争力の向上を目的に「にいがたフードブランド」を確立していくこととし、その中でも特に満足度が高い8品目=ルレクチェ・越後姫・にいがた和牛・佐渡寒ブリ・えだまめ(茶豆)・にいがた地鶏・南蛮エビ・ヤナギガレイをイメージリーダーとしました。

他に新潟名産といえば?
笹だんご・かきのもと(食用菊)・麩・栃尾の油揚げ・梨・ル レクチェ・おけさ柿・黒埼茶豆・一夜干イカ・南蛮エビ・紅ズワイガニ・村上牛・八色すいか・牡蛎・燕三条系ラーメン・にんじんジュース・十全なす・小千谷そば・のどぐろ・女池菜・笹あめ・はっか糖など、それから忘れてはならないのが、もも太郎(氷菓)・ポッポ焼き・イタリアン。(順不同です)

広い新潟平野、信濃川や阿賀野川をはじめとする豊富な水と肥沃な大地、お米や野菜・果物、そして魚、新潟は素材の良さが光る新鮮な食材がいっぱい!
<フレッシュ産地直送便>ではこれからも、地元・新潟ならではの、こだわりの逸品をご紹介、新潟の美味しさを皆様のご家庭の食卓にお届けしてまいります。
これからも<フレッシュ産地直送便>をご愛顧くださいますようお願いいたします。

<参考>「にいがた県勢の概要」/新潟県



株式会社 フレッシュライン新潟

[更新日 2010/6/10]